Posted on

家具の地震対策ってどうやってるの?使うグッズや方法

 

今まであまり地震対策をしていなかったという人も、引越しを期に新居での対策を検討している方も多いと思います。

 

地震対策については家具毎に必要なグッズも変わってきますが、ホームセンターやネットショッピングでも購入できます。

 

ここではグッズと共に、家具や家電に対してやっておくと安心な地震対策をに紹介しておきます。

 

テレビは地デジに移行してからほとんどが薄型になっています。

 

置き場所と取らないのはいいのですが、安定性に欠けるので地震の時に転倒しやすくなります。

 

テレビの大きさに合わせた耐震マットを敷いておくと転倒防止になりますし、あまり高いところに置かないようにするのも安全対策になります。

 

タンスや本棚など、高さのある大きい家具は重いものを出来るだけ下に入れ、天井と家具の間に突っ張り棒などを装着しておくと転倒防止になります。

 

突っ張り棒にも種類がありますが、プラスティックよりも金属の方が強度が高く安心です。

 

ただし壁によっては装着できない物もあるので、可能な範囲で取り付けておきましょう。

 

上下に分かれている家具の場合は、つなぎ目に耐震マットを入れておくと安定性が増します。

 

また家具であれば、下に敷く転倒防止板も販売されています。

 

冷蔵庫や洗濯機など大きくて重量があり、倒れてくると危険な物には壁に固定する器具(転倒防止用金具)を装着しておくという方法もあります。

 

 

ダイニングテーブルでは、下に入れる家具固定ポールが販売されています。

上から物が落ちてきても崩れないように補強するためのグッズで、テーブルの下に逃げる事もありますので、購入しておくと安心です。

 

意外と多いのが重量は軽くても落ちやすい、壁掛時計や額に入れた絵や写真です。

ネジや釘だけで本体を留めておくと落下しやすいので、角度の深いフックを付けてそこにかけておきましょう。

 

ソファーやベッドでくつろぐ事も多いと思いますが、地震の時家具が倒れてこないように、転倒物がない場所に設置しておくのも地震対策になります。