Posted on

特殊な大型家具のロフトベッドやダイニングテーブルの取り扱いは?

 

ロフトベッドの引越しをする場合は、今まで住んでいた部屋と引越し先の部屋の状態によっては、入らないなど使えない事もあるので、まずはサイズを調べると共に必要性を考えてみましょう。

 

引越し先でもそのまま使えるなら、ロフトベッドを引越し荷物としてリストに入れておきます。

 

 

解体可能なロフトベッドは、出来るだけ細かくパーツ分けしておくのもポイントです。

 

分解出来るパーツをそのままにしておくと、大きさや長さによっては料金がワンランク高くなってしまう事もあるので、可能な限り細かくしておきましょう。

 

また、解体できないタイプ場合は引越し業者に依頼して分解してもらえますが、その分費用がかかります。

 

ロフトベッドの扱いに関しては引越し業者による違いもあり、サイズによっては搬出・搬入出来ない場合もあるため、サイズ確認だけは行っておきましょう。

 

ダイニングテーブルは?

 

ダイニングテーブルの種類も実に様々ですが、中にはとても大きく重い物もあります。

 

大きくて重いタイプでも、分解出来る場合はさほどトラックが大きくなくても運べますが、分解できないタイプはそのままの状態で運ぶのでかなり大変な作業となります。

 

一人で運ぶことが出来ないタイプでは、少なくとも数人のスタッフを確保しなければいけません。

 

事前に分解しておいたほうがいいと考える人もいますが、中には分解せずにそのまま運んだほうが、引越し業者にとってはやりやすいケースもあります。

 

分解できるタイプであれば、当日に解体し搬出、また転居先で組み立てを行ってくれます。

また出せない場合は、ドアや窓を外して搬出するため、全てお任せして下さい。

 

両方の家具とも梱包などは、当日に資材で荷造りしてもらえますし、椅子なども運びやすいようまとめてくれます。

 

特殊な大型家具がありどうして良いか分からない場合は、見積の時に分解したほうがいいかどうかを確認しておくと安心です。