Posted on

六曜って関係あるの?どの日が最適ですか?

六曜という言葉自体は知らなくても、大安や仏滅という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

これらは全部で六種類あって、

  • 友引
  • 先勝
  • 先負(せんぶ)
  • 仏滅
  • 赤口(しゃっく)
  • 大安

を合わせて六曜とされています。

この考え方自体は古く、中国から伝えられたのは14世紀頃ですが、広まったのは幕末の頃からとされています。

迷信と考えてしまえばそれまでですが、験担ぎ(げんかつぎ)という意味で引越しでも六曜を気にしている人は今でもたくさんいます。

 

引越し予定日に関係する六曜をあげるとするなら、友引以外となります。

 

まず、日程を決める際に、どの日が人気なのかということになると、やはり大安です。

大安は何をするにも良い日とされており、新しい事を始めるには吉となり引越し日には最適です。

 

次に、先勝と先負はお互いが対となり、

先勝は午前中が吉のため、引越しであれば午前便がお勧めで、

反対に先負は午後からが吉となるので、午後便やフリー便での引越しがお勧めとなります。

 

 

そして逆に避けたいタイミングとしては、赤口や仏滅があります。(気にされる方も居ると思うので意味は割愛します。)

 

友引は友達を巻き込むという意味なので引越しとは関係がありません。

 

しかし若い人にとって六曜は、そんなものもあるのかという程度で考えている人がほとんどです。

 

そもそも今日は六曜においてどの日なのか、意識したことはない人が大半です。

 

しかし、ある程度年配の方になると信じているので、これが引越し料金に影響してくる場合があります。

 

月末かつ土日の大安が人気で、引越業者への依頼が殺到すると、料金は上がる傾向にあります。(昔も今も、暇な日は安くし、忙しい日は高くなる引越し業界のルールは変わりません。)

 

そのため大安や吉日の日よりは、赤口や仏滅の日の方が空いていて安いということが多いのです。

 

六曜自体を信じるのも信じないのもその人の自由ですが、引越しの日をいつにするのかを考えるのであれば、六曜を意識してみると良いかもしれません。

 

そしてもしも、費用面を気にされるのであれば一番確実なのは、今月ならいつが安いのかを業者に直接お尋ねする方が間違いはありません。